ボードゲームさん家のゆるいブログ@アメリカ

子どもといっしょにゆるく楽しむボードゲームな日々、アメリカや世界のボドゲ関連情報などを紹介しています。

icecool

すっかりこちらのブログにはペンペン草が生えておりますが、皆さまお元気でしょうか、おかんです。

そうこうしている間に、昨年に続き、今年もエッセンのシュピール 18(SPIEL 18)に行って参りました。

前回のラーニングとして、記憶がフレッシュ&勢いがまだあるうちに、自分がつぶやいた現地からのツイートに、感想や旅のヒント、ラーニングなどをまとめたものだけは Togetter でトゥギャっておきました。

アナログゲームの祭典☆エッセンシュピール18 2回目の参加まとめ(ほぼ自分の思い出&備忘録用)

ちなみに、昨年のエッセンシュピール17 のまとめはこちらです。↓↓↓
アナログゲームの祭典☆エッセンシュピール17 初巡礼まとめ(ほぼ自分の思い出&備忘録用)



この2回目のエッセンシュピール訪問は、昨年の初巡礼の緊張からは一転「毎年行ってる隣町のお祭りがたまたまドイツだった」的な、かなり普段着的なものに変わりました。

また、わが家的には明らかにボードゲームを買うことよりも「その場でないと会えない人に会い、その場でないと経験できないことを経験する場所」にシフトした気もしました。おそらくその背後には、エッセンシュピールのエントリー作品が1400本という膨大な数に増えてきたことと、その反面、エッセンシュピールで初めて発表になる新作や、エッセンシュピールでしか買えない作品が昨年と比べても減ったことがあると思います。

来年のエッセンではどんなことが待っているのか今から楽しみにしつつ、また10月までいろいろなボードゲームを遊び、健康第一でまじめに暮らそうと思うのでした……って、そういう意味では、自分にとってのシュピールは、やっぱりどこか巡礼めいた何かなのかもしれないです。

エッセンのシュピール '18 も、いよいよあと2週間ちょっとに迫ってきました。出展作品リストには(新作・旧作、言語バージョンによる重複などを含め)すでに 1000 件以上の作品が登録されています。

ぶっちゃけ素人にはついて行けない&フォローしきれない領域になって来ました……。

が、しかし、果敢にも、そして無謀にも、その中からおとんとおかんがそれぞれ気になっている作品 10 点をピックアップして、10 月 9 日付の北米発おかんキャス(第 56 回配信)で、ダベダベとおしゃべりしつつ、ご紹介してしまったのでした、ぬわははは。

この記事では、上記おかんキャス中で紹介した、気になっている作品 10 点を、文字にして書き留めておきたいと思います。

そしてエッセンの嵐が過ぎ去り、現物を見てみたり、遊んでみたりしてから、ここでの印象と実際の感想とを比較して、ぬわははは、と笑うのです、きっと多分w

そんなわけで、紹介作品リストです-。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018 年 8 月発売の Portal Games 最新作である協力型推理・謎解きボードゲーム『ディテクティブ』(Detective: A Modern Crime Board Game) は、そのストーリー構成やギミックを含め、これまでの同系統の作品と一線を画すと一部では評されています。

従来と比べて新しい点はゲームそのものだけでなく、同梱のルールブック。ゲームそのものについてのルール説明に加え、どのように遊べば最大限プレイを楽しめるかのヒントが散りばめられているほか、協力型ゲームのみならずボドゲ界の宿命ともいえる奉行問題 / アルファプレイヤー問題についても言及する「デザイナーズ・ノート」と称したセクションが特別に設けられています。

この新しい試みについて、同作品のデザイナーであり、Portal Games の CEO でもある Ignacy Trzewiczek 氏が、その目的と背景について同社ウェブサイトで述べた記事があるので、これは興味深いと思い、ざっくりとですが翻訳してみました。

(元々、この良い意味で従来とは少し変わったルールブックについて、9 月 3 日配信の北米発おかんキャス 第 54 回で触れたところ、Twitter で相互フォロー中の有我悟さんから奉行問題関連でのコメントをいただいていたところ、ちょうどこの記事に出くわし、そうだ訳してみようと思い立ちました。有我さん、ありがとう!)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今日 2018 年 4 月 28 日、おかん一家は久しぶりに、かなり濃いボードゲーム三昧の一日を過ごしました。というのも、アメリカ一帯は今日「国際テーブルトップゲームの日」(International Table Top Day、略して ITTD)だったんです!

このイベント、まだ生まれて間もないらしくてそこまでは広まっておらず、しかも「国際」とかいいつつもどうやら言い出しっぺはアメリカっぽいし(苦笑)、最初はこれって何なんだろうねーと SNS で見かけた情報をチェックしていたんですが……それが奥さん、フタを開けたらすごかったんですってばっ!

ということで、もくじです。
  • 国際テーブルトップゲームの日って何?
  • 地元の協賛ボドゲカフェでイベントに参加してみた
  • あのゲームデザイナーさんたちと試遊&テストプレイ
  • さいごに
 続きを読む

北米発おかんキャス


こんにちは、おかん@ポーカーチップを見るとかじりたくなる、です。

よろずボドゲトーク☆北米発おかんキャス、第 42 回を配信しました。

<おしながき>
◇Op:春の到来を告げるグラウンドホッグデーの話。 
9:45~:「マジェスティ」のプレイ感想と、マーク・アンドレ前作の「宝石の煌めき」とのゆる比較。
33:00~:グルームヘイヴン/Gloomhaven」第 1 シナリオプレイ後の感想。
◇41:30~:アメリカでの小学生の宿題をめぐる話。 


こちらからどうぞ。↓



■過去のポッドキャスト一覧は、こちら


はじめましての皆さん、ご来訪ウェルカムです!  いつもお聴きくださっている皆さん、ありがとうございます。サンフランシスコのはずれ、シリコンバレーの端っこから、また次回もよろしくお願いします!


ランキングに参加中です。↓↓↓ポチッとして頂けると画面の向こうで小躍りします。

ボードゲーム(その他)   にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ