北米発おかん家のゆるいボードゲームブログ

子どもといっしょにゆるく楽しむボードゲームな日々、アメリカや世界のボドゲ関連情報などをマイペースで紹介しています。

ソーサリースペルブック

日曜の朝、カリフォルニアの夏にしては涼しめのすがすがしい日、隊員1号(コードネーム:お父さん)と3号(同:小学2年生)は、仲良く並んでiPad版『ソーサリー 2』(邦題でいうところのソーサリー! 第二巻:城塞都市カーレ)のリプレイを視聴中でございます。

その昔、80年代に翻訳版の書籍で『ソーサリー』シリーズに慣れ親しんだ隊員1号。最近になってiPadアプリになっているのを発見し、さっそくダウンロードしてプレイしていたところ、横から見ていた隊員3号が「怖いけどおもしろい!」と大興奮! すっかり意気投合して今に至るというわが家。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

マジックラビリンス

えー、さて、その2から微妙に時間が開いてしまいましたが、バークレーのボードゲームカフェVictory Point Cafe遠征記、やっとこさその3です。 (しかも徐々に隊員2号(コードネーム:お母さん)の文体が変わってきているような気もする今日この頃……。(゚ε゚)キニシナイ!!) 

クワークル(Qwirkle)」に続いて隊員3号(コードネーム:小学2年生)がお店の棚から選び出したのは「魔法のラビリンス(The Magic Labylinth)」。 青くてかわいくて、ちょっぴりミステリアス……確かにこれはゲーム名もパッケージデザインも、いかにも子ども感覚の琴線に触れそうです。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

the_meeples

先週、ネット上でまったく別のものを探していて、たまたま出くわしてしまったのが geeky goodies というオンラインストア

なんとなんと「カルカソンヌ」等で有名な我らがミープル(ボードゲーム用の小さな木製コマ)をモチーフにしたTシャツ等のグッズを扱っています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

GenCon

いよいよ今年も北米最大級のボードゲーム・コンベンションの1つ「GenCon」(読み方はジェンコン?)の季節となりました。

知る人ぞ知るこのGenCon、元々は1967年に参加者わずか12名のウォーゲームの集いとして始まったとか。昨年は4日間で、のべ約20万人を動員したとのこと。さすがにコ●ケには及ばぬものの、これだけ大勢がカーレースのインディ500くらいしか見所のない街・インディアナポリス(失敬)に大集合するのだから、いやはや天晴れです。

続きを読む

街コロ

今日(8月2日 火曜日)の父娘家ゲー対決は「街コロ(拡張あり)」と「インペリアル・セトラーズ」の2本立てで。夕飯後の食卓が熱く湧いたっ?!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ