ボードゲームさん家のゆるいブログ@アメリカ

子どもといっしょにゆるく楽しむボードゲームな日々、アメリカや世界のボドゲ関連情報などを紹介しています。

ブローブリッジ

隊員1号(コードネーム:お父さん)が2日前にオンラインから注文してしまったボードゲームたち、8月8日の午後にディズニーワールドのあるフロリダ州オーランド近郊を出発。一日経った今日8月9日の晩時点で、アラバマ州を越え、ルイジアナ州の州都・バトンルージュ郊外まで到達した模様。う~ん、手に汗握りますね~。(どこがやねん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

coolstuffinc.com

まだまだ積みゲーの山が解消されていないにも関わらず、隊員1号(コードネーム:お父さん)は、またまたボードゲームを注文してしまいました。オーマイガーッ!

とにかく国土の広いアメリカの場合、たとえ中~大都市近郊に住んでいても、いわゆるユーロゲーム(=ヨーロッパ製のボードゲーム)を取り扱うショップがアクセス圏内にあるとは限らず、実店舗で購入できるケースは意外と稀です。もしくは、運良く最寄りの実店舗で取り扱いがあっても割高だったりします。なのでたとえばNYCに住んでます、サンフランシスコ市内に住んでます、というような場合を除いて、国土の大半が田舎なアメリカのファンの多くは、ボードゲーム専門店のオンラインストアや、Amazon.comから通販することが大半のようです。郊外暮らしのわが家も例に漏れません。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

SAMURAI

隊員3号(コードネーム:小学2年生)が寝静まった平日の晩。精神面でも体力面でもほんの少し余裕のある日には、ここぞとばかりに隊員1号&2号(コードネーム:お父さん&お母さん)でボドゲタイムに突入~!です。

金曜の晩とかでない限りは、当然ながら翌日平常運転なので、適度に頭は使うけど、サクッとプレイできるゲームがピッタリ。という訳で久方ぶりに箱を引っ張り出して来てみたのは、我らがライナー・クニツィアの「サムライ(SAMURAI)」にござりまして候。(←ちょっと気分出してみている)
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーサリースペルブック

日曜の朝、カリフォルニアの夏にしては涼しめのすがすがしい日、隊員1号(コードネーム:お父さん)と3号(同:小学2年生)は、仲良く並んでiPad版『ソーサリー 2』(邦題でいうところのソーサリー! 第二巻:城塞都市カーレ)のリプレイを視聴中でございます。

その昔、80年代に翻訳版の書籍で『ソーサリー』シリーズに慣れ親しんだ隊員1号。最近になってiPadアプリになっているのを発見し、さっそくダウンロードしてプレイしていたところ、横から見ていた隊員3号が「怖いけどおもしろい!」と大興奮! すっかり意気投合して今に至るというわが家。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

マジックラビリンス

えー、さて、その2から微妙に時間が開いてしまいましたが、バークレーのボードゲームカフェVictory Point Cafe遠征記、やっとこさその3です。 (しかも徐々に隊員2号(コードネーム:お母さん)の文体が変わってきているような気もする今日この頃……。(゚ε゚)キニシナイ!!) 

クワークル(Qwirkle)」に続いて隊員3号(コードネーム:小学2年生)がお店の棚から選び出したのは「魔法のラビリンス(The Magic Labylinth)」。 青くてかわいくて、ちょっぴりミステリアス……確かにこれはゲーム名もパッケージデザインも、いかにも子ども感覚の琴線に触れそうです。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ