ボードゲームさん家のゆるいブログ@アメリカ

ゆるく楽しむボードゲームな日々、アメリカや世界のボドゲ関連情報などを綴ります。

2016年08月

tickettoridemap

初心者から上級者まで年齢を問わず楽しめる人気定番ボードゲーム「チケット・トゥ・ライド・アメリカ」。その攻略法/戦略として、どの都市に線路を引くのが最も効率が良いか?について大変明瞭かつ簡潔に分析したブログ記事(英語)がありましたので、拙訳ですがご紹介します。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

アリゾナ州キングマン


隊員1号(コードネーム:お父さん)が米国時間の8月7日にオンラインから注文してしまったボードゲームたち、8月8日の午後にディズニーワールドのあるフロリダ州オーランド近郊を出発。一日経った8月9日の晩時点で、アラバマ州を越え、ルイジアナ州の州都・バトンルージュ郊外まで到達していました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新キングオブトーキョー

このシリーズ、まだまだしぶとく続いていますよ(苦笑) ひとまず最後までは書ききろうと、もはや自分との闘いになりつつあるだけのような。どうかお付き合いください~。

さてさて、「クワークル」→「魔法のラビリンス」と続きましたボドゲカフェ探訪、3本目のゲームはやっぱり隊員3号(コードネーム:小学2年生)のひと声で「新キング・オブ・トーキョー」に。

これも大好きですねー、子ども。ビジュアル的に訴えるし、サイコロの目で攻撃したりライフ回復したり……とルールも分かり易い。加えて隊員3号などは、大量のサイコロをまとめてえいやー!っと振るのがたまらないみたいですね。何度も勢い余ったサイコロがテーブルから落下して大変でした、わはは。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブローブリッジ

隊員1号(コードネーム:お父さん)が2日前にオンラインから注文してしまったボードゲームたち、8月8日の午後にディズニーワールドのあるフロリダ州オーランド近郊を出発。一日経った今日8月9日の晩時点で、アラバマ州を越え、ルイジアナ州の州都・バトンルージュ郊外まで到達した模様。う~ん、手に汗握りますね~。(どこがやねん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

coolstuffinc.com

まだまだ積みゲーの山が解消されていないにも関わらず、隊員1号(コードネーム:お父さん)は、またまたボードゲームを注文してしまいました。オーマイガーッ!

とにかく国土の広いアメリカの場合、たとえ中~大都市近郊に住んでいても、いわゆるユーロゲーム(=ヨーロッパ製のボードゲーム)を取り扱うショップがアクセス圏内にあるとは限らず、実店舗で購入できるケースは意外と稀です。もしくは、運良く最寄りの実店舗で取り扱いがあっても割高だったりします。なのでたとえばNYCに住んでます、サンフランシスコ市内に住んでます、というような場合を除いて、国土の大半が田舎なアメリカのファンの多くは、ボードゲーム専門店のオンラインストアや、Amazon.comから通販することが大半のようです。郊外暮らしのわが家も例に漏れません。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

SAMURAI

隊員3号(コードネーム:小学2年生)が寝静まった平日の晩。精神面でも体力面でもほんの少し余裕のある日には、ここぞとばかりに隊員1号&2号(コードネーム:お父さん&お母さん)でボドゲタイムに突入~!です。

金曜の晩とかでない限りは、当然ながら翌日平常運転なので、適度に頭は使うけど、サクッとプレイできるゲームがピッタリ。という訳で久方ぶりに箱を引っ張り出して来てみたのは、我らがライナー・クニツィアの「サムライ(SAMURAI)」にござりまして候。(←ちょっと気分出してみている)
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーサリースペルブック

日曜の朝、カリフォルニアの夏にしては涼しめのすがすがしい日、隊員1号(コードネーム:お父さん)と3号(同:小学2年生)は、仲良く並んでiPad版『ソーサリー 2』(邦題でいうところのソーサリー! 第二巻:城塞都市カーレ)のリプレイを視聴中でございます。

その昔、80年代に翻訳版の書籍で『ソーサリー』シリーズに慣れ親しんだ隊員1号。最近になってiPadアプリになっているのを発見し、さっそくダウンロードしてプレイしていたところ、横から見ていた隊員3号が「怖いけどおもしろい!」と大興奮! すっかり意気投合して今に至るというわが家。
 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

マジックラビリンス

えー、さて、その2から微妙に時間が開いてしまいましたが、バークレーのボードゲームカフェVictory Point Cafe遠征記、やっとこさその3です。 (しかも徐々に隊員2号(コードネーム:お母さん)の文体が変わってきているような気もする今日この頃……。(゚ε゚)キニシナイ!!) 

クワークル(Qwirkle)」に続いて隊員3号(コードネーム:小学2年生)がお店の棚から選び出したのは「魔法のラビリンス(The Magic Labylinth)」。 青くてかわいくて、ちょっぴりミステリアス……確かにこれはゲーム名もパッケージデザインも、いかにも子ども感覚の琴線に触れそうです。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

the_meeples

先週、ネット上でまったく別のものを探していて、たまたま出くわしてしまったのが geeky goodies というオンラインストア

なんとなんと「カルカソンヌ」等で有名な我らがミープル(ボードゲーム用の小さな木製コマ)をモチーフにしたTシャツ等のグッズを扱っています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

GenCon

いよいよ今年も北米最大級のボードゲーム・コンベンションの1つ「GenCon」(読み方はジェンコン?)の季節となりました。

知る人ぞ知るこのGenCon、元々は1967年に参加者わずか12名のウォーゲームの集いとして始まったとか。昨年は4日間で、のべ約20万人を動員したとのこと。さすがにコ●ケには及ばぬものの、これだけ大勢がカーレースのインディ500くらいしか見所のない街・インディアナポリス(失敬)に大集合するのだから、いやはや天晴れです。

続きを読む

↑このページのトップヘ