ボードゲームさん家のゆるいブログ@アメリカ

子どもといっしょにゆるく楽しむボードゲームな日々、アメリカや世界のボドゲ関連情報などを紹介しています。

2017年06月

GROSSE_TETE

よし、いいぞいいぞ。荷物は順調に西へ西へと移動中。今日はルイジアナ州のグロス・ティティ(Grosse Tête……フランス語で「大きな頭」という意味らしい)なる村まで進んだよ。

以上です-。
続きを読む

florida
待ちに待っていた、キックスターター作品『ニア・アンド・ファー (Near and Far)』の製品版がとうとう発売になった今日、例によってフロリダの Cool Stuff Inc. にプレオーダーしていた同作プラス2点が発送されました、Yay!  (・∀・)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

trains_rising_sun
今回は、アメリカで中古のボードゲームを見つける、あるいは在庫余剰などで放出された新品を定価よりも安く買える場所や方法について、わが家の知っている範囲でですが書いてみようと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5444

先日ゆるく紹介してみた『ボルガ川のバイキング』(Vikings on the Volga) のルールブック (PDF 形式、英語) が、制作・出版元の Luminaris さんのサイトにあったじゃないですかー!

ということで、ひとまず参照用にリンクを貼っておきます。http://www.lumenaris.com/docs/Vikings%20on%20the%20Volga%20-%20rules.pdf

自分的に何となく応援したいゲーム&会社なので、ひたひたと書きますよ、ええ書きますともw もし日本語のサマリーとかあれば見てみたい、あるいは何らかの方法で入手してプレイしてみたいけどよく分からない等でしたら、メッセージツイッター等でご一報ください。(コメントは、おそらくお返事や管理する時間がさけないのでオンにしてません、ご了承ください。)

しっかしまぁ、今ちょうど熱波が来ていて、連日38℃とかそんな風で、普通に生きてるだけで HP 減りすぎなので、今回はこれにてさらばでござる-。

バイキングス・オブ・ザ・ボルガ
今回は、このブログにしてはめずらしく、ゆるゲーム紹介です。こちら、サンフランシスコ・ベイエリアのご当地ボードゲームの1つ、『バイキングス・オブ・ザ・ボルガ(ボルガ川のバイキング)』です。

基本データ:
タイトル ボルガ川のバイキング (Vikings on the Volga)
出版元 The Lumenaris Group, Inc.
デザイナー/アーティスト Joseph Fatula
プレイ人数 2~5人
プレイ時間 45分
対象年齢 8歳~

続きを読む

TheBrokenToken1

5月26日~29日までサンフランシスコ近郊で開催されていたボードゲームコンベンション、Kublacon 2017 に参加した際にプレイしたゲームや目にしたものをメモしておく記事、息切れしつつも第7弾です。
続きを読む

Terra_Mystica

5月26日~29日までサンフランシスコ近郊で開催されていたボードゲームコンベンション、Kublacon 2017 に参加した際にプレイしたゲームや目にしたものをメモしておく記事、しつこく第6弾です。
続きを読む

FullSizeRender (24)
5月26日~29日までサンフランシスコ近郊で開催されていたボードゲームコンベンション、Kublacon 2017 に参加した際にプレイしたゲームや目にしたものをメモしておく記事、しつこく第5弾です。
続きを読む

↑このページのトップヘ