うわー、いつぶりの更新でしょうか?! このブログのことがずっと気になっていたのですが、昨年の9月以降、子どもである隊員3号の学校で騒動が発生するわ、書き手である隊員2号が転職するわで怒濤のうねりが相次ぎ、ブログのアカウントにログインすらできていませんでした、キャー!

何はともあれ、一家は相変わらず北米大陸のすみっこでひっそりと生きていて、暇をみてはおうちでボドゲしており、地元のコンベンションにもちょこちょこ参加しています。

そんなこんなで、メモリアルデー(戦没者記念日)の連休である今週末は、サンフランシスコ ベイエリア最大級といわれているボードゲーム コンベンション「Kublacon 2017」に来ています。こちら、発音はクブラコン、由来はどうやらモンゴル帝国のクビライ・カーンから来ているらしいです。

まずは会場内の様子等だけ、写真を貼っておきますー。


入り口を入ってすぐ、ミニチュアゲーム系の卓が並びます。


会場であるホテル中央部のアトリウム階 & ロビー階いっぱいにテーブルが並び、独特の空気を醸し出しております。サンフランシスコ空港近くにあるので、フロントのところで航空各社の乗務員さんたちが一糸乱れぬ爽やかな制服姿でチェックインしてたりするんですが、ギークな黒Tシャツが大勢を占めるボドゲ軍団とのコントラストが何ともいえません(笑)


駆けつけ一番の「宝石の煌めき/スプレンダー」でいきなり爆走する隊員3号。貴族カード4枚独占して快勝する、恐るべき2年生…… 隊員2号、思わず本気出してしまいましたよ(そして負けた)。


出店の並ぶディーラーズルームを物色する隊員3号。昨年秋のPacificonにも来ていたDDRA Steampunk/Octopunxさんのブースで名物のスチームパンクなゴーグルを購入。他にも会場内で同じゴーグルつけてる子どもを何人も見かけて、微笑ましかったです。


その隣にはゲームトークンを中心にいろいろ扱うこんなお店のこんなアイテムも(笑)

読んでくださってありがとうございます。また更新します、ゆるーく、ゆるーく。


 今回の記事中でプレイしていたゲームはこちら↓↓↓ 
宝石の煌き 日本語版

宝石の煌き (日本語版
)
プレイ人数: 2~4人
対象年齢: 10歳以上
プレイ時間: 約30分
ボードゲーム家の独断と偏見評価: ☆☆☆☆☆ (星 4.5)
コメント: シンプルなルールながら、大人も子どもも「真剣に」楽しめる、ボードゲームさんちの定番ゲームの1つです。



ランキングに参加中です。↓↓↓ポチッとして頂けると画面のこちらでこっそり喜びます。
ボードゲーム(その他)   にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへにほんブログ村