FullSizeRender_6

5月26日~29日までサンフランシスコ近郊で開催されていたボードゲームコンベンション、Kublacon 2017 に参加した際にプレイしたゲームや目にしたものをメモしておく記事、第2弾です。

※前回までのあらすじ:
Kublacon 2017 備忘録(1)プレイしたゲーム編 I……メモその1~3


[その4] 『スペクター・オプス』を、初めてプレイした件。
FullSizeRender (21)
隊員1号、会場内を徘徊中にプレイヤー募集中の卓から呼び止められ、何の前触れもなく SF テイストのスコットランドヤード「スペクター・オプス」(Specter Ops) をプレイすることに。追う方も追われる方もキャラクターの選択肢が多く、繰り返しプレイが楽しめそうな一作。しかしゲームバランスにやや難があり、エージェント(=追われる方)の勝算が非常に低そうな点が気になった。Board Game Geek で評価が 7.4 点なのも納得。つまるところ、悪いゲームではないが、すごく良いゲームでもない、といった印象だ。

[その5] やっと落ち着いて『ストーンエイジ 』をプレイできた件。
IMG_7494
そんなこんなで昨年秋以降、隊員3号の学校のトラブルで集団転校騒動などが発生するわ、在宅勤務だった隊員2号が転職して通勤ライフになるわで全く落ち着かなかったわが家。時折家ゲーをするといってもキャパ的には「宝石の煌めき/スプレンダー」「ワードバスケット」などの軽いものや、それよりも重くて「ノイシュバンシュタイン城」が限界だった日々が続いておりました。ここへ来てようやっとボドゲコンベンションで3日間ホテルに缶詰という半ば強制的ながらも考えようによっては恵まれた環境の中で、久しぶりの「ストーンエイジ」(Stone Age) の箱を開くことができたのですよセニョリータ。たくさんのサイコロを一度に振ることができる(しかも本革製のダイスカップ付!)ので、隊員3号もお気に入りの作品です。

[その6] 巨大な『キング・オブ・トーキョー』を和気あいあいとプレイできた件。
IMG_7501
大会本部前に設置されていた巨大ゲーム板コーナーで、これまたたくさんのサイコロを一度に振れるということで隊員3号が大好きな「キング・オブ・トーキョー」(King of Tokyo) をプレイすることができました。どうやらこのゲーム板やコマ、すべて大会関係者の手作りと見えて、キャラクターのコマも良く見ると大判コピーした紙が段ボール紙に貼ってあったりした……。スタッフの皆さん、ありがとうぅぅぅー。

(ちなみにこのカメラ目線のお父ちゃん、キング・オブ・トーキョーをプレイする息子さんに「違う!そうじゃない!あと残り2つサイコロを振り直さないとお前に勝ち目はないっ!」等々と、横からめっちゃ熱く指導&激励していて素晴らしい~ ……と思って褒めたら、ただ単に自分がサインアップしたRPGのセッション開始時間が迫っているのでとっととゲーム終わらせて欲しかっただけということが発覚したという出来事。世界共通でゲーマー父ちゃんは自分がゲームすることしか考えてねーよ、ということが証明されたのでした(笑))


ということで、読んでくださってありがとうございます。Kublacon 2017 の備忘録(3)に続きます、おそらく。


 今回の記事中で登場したゲームはこちら↓↓↓ 

Specter Ops Board Game [並行輸入品]
プレイ人数: 2~5人
対象年齢: 13歳~
プレイ時間: 約60~90分
隊員1号の独断と偏見的評価: ☆☆☆★★ (星3つ)
コメント: SF版スコットランドヤード。大人になっても鬼ごっこ好きな方に




ストーンエイジ (Stone Age)
プレイ人数: 2~4人
対象年齢: 10歳~
プレイ時間: 約60~90分
隊員3号のお気に入り度: ☆☆☆☆★ (星4つ)
コメント: なぜか隊員3号も大好きなワーカープレイスメント ゲーム。サイコロとミープル好きな方に



リチャード・ガーフィールドの新・キング・オブ・トーキョー 日本語版
プレイ人数: 2~6人
対象年齢: 8歳~
プレイ時間: 約30分
ボードゲームさんちのリピート度: ☆☆☆★★ (星3.5つ)
コメント: 子ども同士がまとまった人数で安心してプレイできる作品の一つ。各種ボドゲコンベンションでも子ども向けイベントの定番タイトルになっている。怪獣好きな方に



ランキングに参加中です。↓↓↓ポチッとして頂けると画面のこちらでこっそり喜びます。
ボードゲーム(その他)   にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへにほんブログ村