image
7月4日の独立記念日の連休を利用してラスベガスへと飛んだボードゲームさん一家。しかしそこでもボドゲ的な何かを探して彷徨ってしまう人々……。

その1その2での「ギャンブラーズ・ジェネラル・ストア (Gamblers General Store)」探訪を経て、ようやく11:00AM開店のゲームショップ「パワー9ゲームズ (Power 9 Games)」へと向かいます。



お店の外観

power_9_games
比較的新しめの店舗のようでございます。写真がビミョーに曲がってしまいましたが、(アメリカにしては)なかなかクリーンな感じ……。

写真にはうつっていませんが、このお店、外から見てもひと目で分かるくらい、お店の半分くらいの面積を使ってテーブルがダーッ!と置かれてあるんです。

軽く50席か、それ以上あるんじゃないでしょうか。つまるところこちら、MTG(マジック・ザ・ギャザリング)が得意そうなお店である薫りがプンプン匂ってきます、プンプン、プンプン。

我らがボードゲームのコーナー

IMG_7924
ボードゲーム置いてなかったらどないしよ、という一抹の不安は、すぐに払拭されまして候。

店内に入って正面の棚に並んだ世界共通☆定番ボドゲタイトルたちが出迎えてくれ、これだけでもうすでにフィール・アット・ホーム☆

IMG_7916
……っと、あっ!!! あちこちで品切れ中で、ここしばらくずーっと探していた『センチュリー:スパイスロード (Cwentury:Spice Road)』があーるじゃないですかー!(・∀・)

お値段チェックすると、標準小売価格の39ドル99セント……って、これって買い?!


IMG_7923
うおっ、その裏手の棚には『オーディンの祝祭 (A Feast of Odin)』があるー! わーい、現物やー、現物ー♪……と、喜び勇んで箱を手に取り、開口一番

「お、重っ……!!!」

ちょwwwww 
何この漬け物がつかりそうなズッシリ感! 
これ何て重ゲー?!(←完全に意味違う。)

これはちょっと旅先で購入するには物理的な重量がありすぎるし、お値段見ると標準小売価格の$99.99。

これだとAmazon.comで15ドルくらい安く買えるよね、ということで、買いませーん、見送り-。

 
……えー、ゴホンッ。気を取り直して、さらにお店の奥へと進みますと……

IMG_7917
トワイライト・インペリウム (Twilight Imperium)』『マンション・オブ・マッドネス第2版(Mansions of Madness: Second Edition)』などの、大作系が並んどります。

そこはかとなく、棚全体がずっしりと重たい感じがしますねー。床にめり込みそうですねー。(←完全に意味違う。)


さらにそこから進みますと、ぉおおおおおー!!!おおおおおー!!!


ミニチュアの世界へようこそ <3 

IMG_7914
『ウォーハンマー (Warhammar)』の特設ラックでございます。ミニチュアの世界、かっけえ!!!(・∀・)  (ワタシはやりませんけれども。)


ミニチュアコーナーを後にして、続けてお店の左奥の方にそのまま進みますと……

IMG_7920
ダダダーッと宴会場のごとくに並んだ(MTG用とおぼしき)テーブルの一角に、この日の夕方から開催らしき、TRPGのジオラマ(ですよね?)をペイントしてみようイベントの準備がしてありました。

おそらくはこれが真骨頂?!

そして、お店の一番奥の奥には、こちらのPower 9 Gamesさんのおそらくは真骨頂が……
IMG_7921 IMG_7922
こちらの、MTGのシングルカードコーナーではないでしょうか。うちはMTGやらない(隊員1号の友達が元世界ランカーだけど ←わざとちょっとゲーマー風マウンティングみたくえばってみたwやってみたかったのw つまるところ我々の周りもみんな廃人ゲーマーということなんだけどね)ので、ここに並ぶカードの価値がすごいのかすごくないのかは全く分かりません。

しかし、ガラスケースに収められたこのただならぬ感にジリジリと威圧されておったんですよ。奥深し。

そして無理やりに、まとめ

そのような訳で以上、お店探訪は完了しました。

文字だけでは店内のレイアウトが伝わりにくかったんじゃないかと思い、ヨレヨレのフガフガですが、簡単な見取り図だけ書いておきました。こんな感じでした。↓↓↓
image

つまるところ、こちらのPower 9 Gamesさんは、ミニチュアとTRPGとMTGに重きを置いたゲーム屋さんであることは火を見る如し、です。

しかもボードゲームの品揃えも非常に手堅くて、コンパクトな品揃えながらも売れ筋の基本ラインはきちんと押さえているという、非常に好感の持てるお店でした。

全体的な品揃えや環境を見るに、ラスベガスのゲーマーはけっこうシリアス&レベル高いんじゃないかという印象を受けました(当社比、というより北カリフォルニア比で、あくまで目視/体感ですが)。

1件目にして期待とワクワク感が湧いてきました。


そしてこちらでの戦利品?!は、前述の『センチュリー: スパイスロード』。わーい(′∀`)
IMG_7925


お店情報メモ

  • Power 9 Games のウェブサイト
  • Power 9 Games の Facebookページ
  • アクセス:マッカラン国際空港から、車で北へ約25分。(レンタカーまたはUber/Lyft等の利用が必要かと思われ。)
  • 通販:あり(日本への発送OKかは要問い合わせ)


そんなこんなで無事スパイスを手にした一行は(笑)、さらに次の目的地を目指してPower 9 Gamesを後にしましたとさ。

今回も読んでくださって、ありがとうございます!

この続きはシリーズその4で~!


 ランキングに参加中です。↓↓↓ポチッとして頂けると嬉しいです。
ボードゲーム(その他)   にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ にほんブログ村