新キングオブトーキョー

このシリーズ、まだまだしぶとく続いていますよ(苦笑) ひとまず最後までは書ききろうと、もはや自分との闘いになりつつあるだけのような。どうかお付き合いください~。

さてさて、「クワークル」→「魔法のラビリンス」と続きましたボドゲカフェ探訪、3本目のゲームはやっぱり隊員3号(コードネーム:小学2年生)のひと声で「新キング・オブ・トーキョー」に。

これも大好きですねー、子ども。ビジュアル的に訴えるし、サイコロの目で攻撃したりライフ回復したり……とルールも分かり易い。加えて隊員3号などは、大量のサイコロをまとめてえいやー!っと振るのがたまらないみたいですね。何度も勢い余ったサイコロがテーブルから落下して大変でした、わはは。

今回こちらのボードゲームカフェにあったのは新版で。わが家にあるのは旧版なんですね。私、隊員2号(コードネーム:お母さん)なぞはボーっとしていて全然気がつかなかったんですが、 隊員3号は棚から取り出してきてパッケージを見ただけで、すぐに「あ、これ少し違う~」と気づいていました。

旧版と新版の変更点は、ホビージャパンさんのブログに詳しく書かれてますので、すかさずリンク。……で、今日こちらの変更点の記事を読むまで、隊員2号はカードも一部改変になっていたなんて、知らなかったとですよ! てっきりキャラクターがウサギからネコになっただけだと思っていました(本当に)。

しかし、そんな隊員2号ですが、当日のゲームはサイコロ運に任せて、勝ちました(笑)(この頃になってくると丸2時間経過し、だんだん疲れてプレイ中の写真なんかも全然撮っておらず、ちょっぴり心苦しいのですが

で、あまりにもサクッと新キング・オブ・トーキョーが1ゲーム終わりまして。

すると隊員1号(コードネーム:お父さん)、とうとう小学2年生を相手に本気で先制せんとすかさず棚へ走りまして。

手に取って戻って来たのは……

チケット・トゥ・ライドUK

チケット・トゥ・ライド:イギリス (Ticket to Ride United Kingdom) 」拡張マップでございました。

ぉおー、すげー! イギリスだぁー!と、まだ現物を見たことのなかったわが家は、隊員1号から3号まで感動に湧きつつオープン・ザ・箱をしたまでは良かったのですが……

全員の期待が高まる中、ルールブックを取り出して目を通し始めた隊員1号の顔が、徐々に曇り始め。

やがて30秒ほどの沈黙の後、

んー、これはルールが複雑みたいだから。そのうち家でやろう、家で

……との家長判断。はうっっっ!!! (しかし後で帰宅してからいろいろググって読んでみたら、確かにあの場で7歳児も一緒に外ゲーしてみようと思わなくて良かったなーと納得しました。確かにけっこういろいろ複雑だぞ。隊員1号、ナイス判断~。)

そんなこんなでイギリスを華麗にスルーして、何のオチもないまま、いよいよシリーズ最終章(?!)へと続きます。


   ランキングに参加中です。↓↓↓ポチッとして頂けると嬉しいです。
ボードゲーム(その他)   にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへにほんブログ村